今までしてきたダイエット

ダイエットは女性にとっては特に一生つきまとうものだと思います。
私は、上半身は細い方だと思いますが足が太いことが悩みで、自分の中で一番のコンプレックスです(PД`q。)
高校生に入ってから特に悩みだしてから、色んなダイエットをして失敗してきました・・・
振り返りたいと思います。初めてしたダイエットはくーちゃんの6時以降食べないダイエット。
これは体重は減りましたが足が痩せる前に胸が痩せて、しかも空腹に耐えれず効果が出る前に挫折。
雑誌の広告の高額サプリなんかも買ったことがあります。
こちら効果なし。
後はウォーキングも頑張ってみましたが元から運動が好きではないので続いても一ヶ月・・・
社会人になってから付き合った彼氏に足痩せて欲しいと言われ、本気になったダイエット方法は置き換え食品ダイエット(>_<)
コストもかかったし空腹がキツかったですが、二ヶ月続いて体重は減りました。
足はあまり変わらず・・・
そして、置き換え食品の味に嫌気がさしてしまい挫折。
ジムに通ってすぐ辞めてをその後2回繰り返しました。
思い返せば沢山チャレンジしたものの、続いてるものが一つもないので、きっと今も足が太い理由はそこですね。
私に合った続けれるダイエットを探しこれからも頑張ります!

ディズニー行ったら車のバッテリー充電器でスマホ充電!

今週末に友達とディズニーに行くので、まとめサイトに書いてあったディズニーバウンドをするためにお台場にあるダイバーシティへ洋服など買い揃えに行きましたヽ(*´v`*)ノ
ディズニーバウンドってキャラクターをイメージしたコーディネートの事なんですが、私のイメージは白雪姫です。
絶対普段はこの色合わせないな~って組み合わせですが、普段着として単品でも着られる洋服を選んでいるので充実した買い物が出来ました。
今週末の為に、エクササイズのダイエットも頑張ってきました。
1ヶ月本気出したらサプリなどに頼らずに-3kgの減量に成功しました。
静岡から車で行くから念のために、車のバッテリー充電器で、スマホも充電出来るやつ買っておきました。
車のバッテリー充電器って言ってもバッグに入るサイズだし、多分アトラクションの待ち時間とか暇になったらスマホいじってると思うので、買っておいて良かった♪
車のバッテリー充電器持っておけば帰り道も安心ですし。
それこそ「備えあれば憂いなし」ってやつですかね?(笑)
ファストパス使って効率よく周る予定だけど、週末だから混むかな?
クリスマスのイベントやってる時期なので、かなりの混雑は覚悟していますが、入場制限とかにならない事を祈ります・・・
本当に楽しみだな~(σ´∀`)σ

グループスカイプはまさにラジオのようなのだ!!

ということで、最近スカイプにハマってます!
でも、ホントに最近始めたばっかなんです。スカイプ自体は学生のころから知ってましたが、彼氏や友達との会話にはLINEがあるし使わないなぁと思ってたんですけど・・・
最近、個人での中国語レッスンを始めて、それでスカイプを利用したんです!
やっぱりLINEなんかより、音質もいいし、回線も安定してるんで、それで気に入ったんですよね。
あと、私の彼氏がかなりゲーマーで一緒にあそんでるうちに、私もゲーマーになっちゃって・・・
それでゲームの中で知り合ったフレンドと何人かでスカイプをする機会が多くなったんです。
スカイプは多人数でのグループ会話にも対応してるのでゲームとか複数で遊ぶコミュニケーションツールにはかなり使えるんです!!
ああ、ますますゲーマーになってしまう私。
まあ、でも音質っていってもヘッドセットの性能がばらつくとけっこうカオスになるんですけどね~。
最近はさらにゲームで知り合った女の子ユーザーと女の子談義をラジオにして公開しよう!!と模索中です。
ダイエットの話とか恋愛の話、女性ゲーマーのこととか。
普通の録音ソフトだとスカイプは自分の声しか録音できないんですが、双方向のスカイプを録音できるソフトがあったので今から楽しみです!
でも、私、自分の声がダイキライなのです・・・

音楽を知ろう

「音楽(おんがく、英:music)」とは、人間が組織づけた音のことを言います。
音のもつ様々な性質を利用して感情や思想を表現したものです。
音楽の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがあります。
音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存します。

古き時代においては「音楽をつくる人」や「演奏する人」といった区分は無く、人は音楽をつくり、かつ演奏していました。
継承された曲を演奏するとしても、明確に「作曲家」「演奏家」などと区別する必要は無かったです。
民謡は本来、作曲者不詳の自然発生的な音楽でした。
西洋音楽が宗教音楽から宮廷音楽と進むにつれ、支配者層の庇護のもと権威付けの意味から格付けが行われました。
また、実際面では、楽器の進化と要求される演奏技術の高度化、多数の楽器の使用、音量を増すための多人数化などから分業化の必要がありました。
近年になりレコードの流通が進むと、ポピュラー音楽では「販売枚数」という経済的指標が最優先になることになりました。
工業生産品となった音楽は、製作のための初期投資がかかるため、リスク回避のために作曲家と演奏家の分業化が速やかに定着しました。
ただ、ひとりひとりの音楽家の行為全体に着目してみると、やはり「作曲家」「演奏家」といった区分はあまり明確なものではなく、社会的認知または得意分野を目安に外部から与えられた便宜上の分類とも言えます。

音楽ってなに

「音楽(おんがく、英:music)」とは、人間が組織づけた音のことを言います。
音のもつ様々な性質を利用して感情や思想を表現したものです。
音楽の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがあります。
音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存します。
音楽には以下の3つの要件があります。
1つ目は、材料に音を用いることです。
2つ目は、音の性質を利用して組み合わせることです。
3つ目は、時間の流れの中で材料(音)を組み合わせることです。
西洋音楽では、リズム(律動)、メロディー(旋律)、ハーモニー(和声)をもつものが音楽とされています。
そして、このような特性をもつ音を様々な方法で発したり、聴いたり、想像したり、楽しむ行為のことをも指します。
広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もあります。
音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」の3方面が基本として考えられています。
「作曲」とは、作曲者の心に感じた事を音によって表現することです。
「演奏」とは、再現芸術ともよばれ、作曲された音楽を実際に音として表現する行為であり、原曲を変えて演奏したり(編曲)、声楽曲を器楽曲に変える等(編曲)する行為も演奏行為とされます。
「鑑賞」とは音楽を聴いてそれを味わったり、価値を見極めたりすることです。

音楽の歴史

「音楽(おんがく、英:music)」とは、人間が組織づけた音のことを言います。
音のもつ様々な性質を利用して感情や思想を表現したものです。
音楽の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがあります。
音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存します。
音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」の3方面が基本として考えられています。

音楽の歴史は日本において、平安時代になると、音楽(雅楽)の専門として芝、東儀、豊の三家が制定され、世襲により現在まで続いています。
また鎌倉時代には視覚障害者保護のため「検校」の官位が生まれ、後に当道座が整備されて、それに属する盲人は専門家として平曲(平家琵琶)、江戸時代にはそれに加えて三曲(地歌三味線、箏曲、胡弓)の占有が認められました。
これが盲人音楽家の地位を保証し、近世邦楽の発展を支えることになります。
その他、室町時代から能楽は武家の式楽として、能楽師たちは身分を保障されていました。
江戸時代には浄瑠璃など、専門家の権威付けとして、芸道を管轄する役所「嵯峨御所」に届け出、認可されると家元として一派を構えることができました。
また演奏家の優劣を評する「番付」がしばしば発行されました。
一派を立てるには、みずから作曲して独自性を示すことが求められるが、日本の音楽においても演奏家は作曲家を兼ねていました。

音楽とは

「音楽(おんがく、英:music)」とは、人間が組織づけた音のことを言います。
音のもつ様々な性質を利用して感情や思想を表現したものです。
音楽の定義には、「音による芸術」といったものから「音による時間の表現」といったものまで、様々なものがあります。
音楽は、ある音を選好し、ある音を選好しない、という人間の性質に依存します。
音楽には以下の3つの要件があります。
1つ目は、材料に音を用いることです。
2つ目は、音の性質を利用して組み合わせることです。
3つ目は、時間の流れの中で材料(音)を組み合わせることです。
西洋音楽では、リズム(律動)、メロディー(旋律)、ハーモニー(和声)をもつものが音楽とされています。
そして、このような特性をもつ音を様々な方法で発したり、聴いたり、想像したり、楽しむ行為のことをも指します。
広くは人間が楽しめたり、意味を感じたりすることのできる音全体のことをさす場合もあります。
音楽の歴史は、有史以前まで遡ることが出来ます。
西洋音楽では、音楽の要素は、リズム、メロディー、ハーモニーの三要素からなると考えられています。
この場合における和声、ハーモニーとはメロディーとの相対的な倍音関係を構成しており、メロディーをより際立たせる役割を持っています。
音楽行為に関しては、現代では一般的に「作曲」「演奏」「鑑賞」の3方面が基本として考えられています。
興味のある方は「音楽」を試されてみては如何でしょうか。


デイリーモーションダウンロード